忍者ブログ

マーブル in パリィ(のちょっと郊外)

パリで猫のムスメ達とのモフモフ生活・・・のはずがレバノン人旦那が加わって、なかなか思い通りにはいかない日々を送っています。2012年6月、長男リアム、2013年11月に次男ルイが加わりました。2013年秋よりパリ郊外在住。

2017/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タイトルどおりですが、予定よりかなり早めに出産してしまいました。

ちょうど1週間前になりますが、夜にお腹が張るなあ~と思いながら寝て、
夜中の4時にトイレに行ったら出血していて、それからあっという間に
3分間隔の陣痛らしきものが来て、「どうしようっか」と言いながら寝ているリアムを起こして
旦那Jと病院に着いたのが6時半ごろ。

痛みに耐えながらも、張り止めとかもらえるのかな~と漠然と思っていたら
「もう子宮開いてきているから、あなたこのまま産むわよ、きっと」とのこと。
手ぶらで来ちゃったんですけど・・・汗

まだ34週(予定日の1ヵ月半前)で、翌週に骨盤のサイズをスキャンして、担当医と
普通分娩できるかどうかを話し合う予定で(前回リアムは4190gで緊急帝王切開になったので)、
また無痛分娩のために麻酔科とのランデブーも予定していたのですが、
それがされていないので、出産が始まるまでに時間がかかりました。

もうダメ漏れる~~~みたいな辛い感覚の後、やっと麻酔してもらったけど
「あと10分くらいしたら効いてくるからね」と言われて、10分ももたなかった。

前回の時は打ったらすう~っと痛みが消えて、麻酔科の先生に結婚を
申し込みたかったくらいでしたが、今回の先生はなんか頼りなかったなあ。

無痛分娩じゃなかったような気がするけど(しつこい)、無事リトルB2が出てきました。

 
次男 Louis ルイです。

ちょっと前のエコーで体重が2000グラム弱と言われていたので、かなりの未熟児に
なるのでは、と心配したのですが、2580グラムあり、自己呼吸も出来るようなので
ひとまずは安心しました。
・・・後から冷静になってみると、予定日まで待っていたらまた4キロコースだったかな、と。

ルイは新生児室にいるため、私は3日間のお気楽入院を終えて退院しました。
リアムが生まれてからこんなにのんびり過ごしたことなかったかも・・・。

フランスでは37週までの出産が早産扱いとなるため、ベベの状態にもよりますが
36週、37週までは新生児室から出られません。
毎日搾乳して、病院に通っています。

ルイはマブ姉さんの上をいくくらい、一日中寝てばっかりですが、ちょっとずつ体重も増えていて
早く家に帰ってきてくれることを心待ちにしています。

もう少し一緒にいたかったなあ~。
っていうか、お腹の大きな写真とか取り忘れちゃったな~。

 
よろしくお願いします♪

ご報告まで。
PR
先週木曜日から産休に入りました。
ここ最近気温がぐっと下がっているので(朝はマイナスになるほど)
ちょうど寒い時期に4ヶ月お休みをもらうことになります。
うっしっし。

1人目の産休と違って、2人目は上の子の世話もあるし、
仕事するより大変かもです。
遊ばせながら家事をして、天気が崩れる前に散歩に出かけて・・・と
気がついたらあっという間の1日。

夜は10時間くらいぐっすり寝てくれ、今朝も9時に起きたのですが
なぜか12時に昼寝を始めるリアム。

寝すぎです。
でもまあ、ここぞとばかりにブログなんか書いてみたりして・・・笑

さて、そんなこんなですっかり構ってあげられていない第二子のリトルB2。
まだ名前も決まってないので、こう呼んでいますが(リアムがリトルBだったので)
最近3回目の最後のエコーもあり、順調に育っているようです。


前回と違う病院で出産の申し込みをしたら、なぜかオーガナイズがきちんとできて
おらず、こちらも忙しくてあまりきちんと確認をしなかったのですが、エコーの予約なんかが
遅すぎて「どこかで撮ってきてください」とか言われる始末。

まあ、2回目ですからアバウトでもいいんですけど、別に。

なぜか最近気がついたのですが、日本は排卵日から40週目が出産日となるところ
フランスは41週目になるので、日にちのズレが生じるらしいです。
携帯に入れている日本の「妊娠カレンダーアプリ」なるもので1月3日の出産を予定していると思っていたのに、フランスだと1月9日。
フランスでは12月生まれと1月生まれでは学年が違うそうで、先輩ママさんたちから
「12月に産め!」と半分脅されているのですが、ちょっと難しいかな~。

そもそもリアムの時が骨盤の狭さ+4190グラムの巨大児ということで、緊急帝王切開に
なったので、今回は予め骨盤のスキャンを取って、普通分娩できるか計画的に
帝王切開にするかを決める事になっています。

どうなることやら。。。

何はともあれ、顔を見られるのが楽しみです。
出てきちゃったら、また大変な日々になるのでしょうが。
なんとかなるべ。

おまけ

エコーの先生が「性別知ってる?」と言いながら、書き込んでいた画面。
内緒にしてほしい人でも、分かっちゃいます、な画像です。
また割礼しなきゃな~と思うと憂鬱。すまんのう。
天気の良い週末です。今年最後の夏かな~。

2012-08-24_13.08.40.jpg
同じ重さの2人組みシエスタ中。

マタニティライフの締めとして、フランスの産後ケアについて
書いておこうと思います。

日本は産後に骨盤強制ベルトなどをつけたりするようですが、フランスは
助産婦や運動療法のマッサージ専門医による会陰のリハビリを受けます。

20~30分のリハビリが10回。保険で全額無料です。

母親学級を担当してくれた助産婦さんと気心が知れたところで、このレッスンも
同じ人にお願いしました。
人によってリハビリの方法も違うようですが、スタンダードには
膣に指を入れた状態で、息を吐きながら色々な向きに会陰を引き締める
リハビリ。

そんなの恥ずかしい~なんて思っていたのは今は昔。出産を経験したら
もうそんなのちゃんちゃらぷー、ですよ。

でも実際助産婦さん達の的確な指導で、妊娠・出産で伸びてしまった筋肉を
引き締めることが出来るので、尿漏れなどに悩むこともなくなります。

私は帝王切開だったし、もともと尿漏れなどの問題もなかったため、会陰のリハビリは
苦労なく終了しましたが、帝王切開の傷のケアをしつつ、大きくなりすぎたお腹の
腹筋を内側から鍛えるリハビリにも通っています。

こちらも全10回無料。フランスって手厚いなあ、と感激します。
やはりプロに指導してもらえるところが安心。

とりあえずリハビリが終了したので、晴れてスポーツが解禁となり
久しぶりにジョギングすることができました。

おまけ
2012-09-15.jpg
あやすと大きな声で笑うようになりました。




お知らせ

クリックで応援よろしくお願いします☆ にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

☆ご注意☆
ブログを更新するのがフランス時間の夕方・夜だと、時差の関係で内容と曜日がずれてしまいます。

プロフィール

☆マーブル 2004年4月12日生まれ。
おっとりマイペースだけど、自己主張が強い長女。

☆リトルM 2008年「猫の日」に拾われた次女。
諸事情により2012年里子に出しました。新しいおうちで幸せに暮らしています。

☆れば
フランスに住んで14年。パリ15区→パリ南郊外在住。インドア派の猫を飼ったばっかりに、飛行機に乗せる勇気もなく完全に帰国のタイミングを逃す。2010年夏に旦那Jと結婚。喧嘩をすると「猫を捨てろ」と言われるので「捨てるのはおまえじゃー!」と切り返す。

☆旦那J
20歳でフランスに来たレバノン人。2重国籍。敬虔なシーア派ムスリム(イスラム教徒)。外見はムーミン実写版があればオファーが来そうな感じ。

最新記事

最新コメント

[01/29 ばーちゃわーるど]
[01/29 れば]
[01/28 ばーちゃわーるど]
[12/28 れば]
[12/27 こたはむ]

フリーエリア

カウンター

オススメ映画10選

マブリト ポスト

ブログ内検索

バーコード

アクセス解析

| HOME Next >>
Copyright ©  -- マーブル in パリィ(のちょっと郊外) --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]