忍者ブログ

マーブル in パリィ(のちょっと郊外)

パリで猫のムスメ達とのモフモフ生活・・・のはずがレバノン人旦那が加わって、なかなか思い通りにはいかない日々を送っています。2012年6月、長男リアム、2013年11月に次男ルイが加わりました。2013年秋よりパリ郊外在住。

2017/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1ヶ月ぶりのブログ更新となってしまいました。
寒いパリを抜け出して、10日間ほど旦那Jの国レバノンへ行ってきました。

パリから4時間ちょっと。赤ちゃん連れには楽な距離ですね。
15度~20度で寒すぎず暑すぎずでしたが、やはり海があるので風が強いところです。
a666c9b2.jpeg
前回は2006年、イスラエルとの戦争のすぐ後だったので、街中がボロボロだったところも
多かったのですが、久しぶりに行ってみると新しいマンションだらけ。街も活気がありました。
ただお隣の国シリアから流れてくる人も多く、お金持ちは家を買占め、貧しい人は
物乞いと、やはり影響はかなりあるようです。
8cf2ed79.jpeg














ちょっとさみしかったのは、街中が新しくなった分、猫達が少なくなったかな~。

abf068fa.jpeg
えさもらっているので、フレンドリー。こぼれてますけど。

リアムは旦那Jの家族にも大人気で楽しそうでした。
c70fd63c.jpeg
旦那Jの双子姉の子、5ヶ月違い。
双子の子供同士なのに、ちょっと日本の血が入ったので出来上がりに差が出ちゃったって感じ。
ずっしりと重いリアムに慣れているので、軽いね~と旦那Jとずっとだっこしてました。

リアムは向こうで宗教行事ですが割礼をしてきました。
イスラム教とユダヤ教の男の子が通る道ですが、親としては痛い思いをさせるので
ストレスがすごかったです。フランスでは生後1歳にならないと出来なくなってしまったようで
今回レバノンですることになったのですが、やるなら生まれてすぐにやれば良かったと後悔しました。
部分麻酔はかかっていても、知らない大人に囲まれて押さえつけられて、相当怖かったと思います。
レバノンに行く2日前から、自然と卒乳していたのに、手術のあとやはり必要を感じて
また授乳を再開することにしました。いいんだか悪いんだか。。。

まあ、無事に終わって、2日間はおしっこの度に泣いていたけど、今ではけろっとしています。
今回の痛い体験で(別に私が痛かったわけではないんだけど)、2人目は女の子希望になりました。

f228ec67.jpeg
歩行器のない旅行中にすっかりハイハイが上達し、パリに戻ってきたら歩行器拒否。
つかまりだちもお手のものなので、家の中の見直し・点検に追われています。
気をつけていても、ちょっと油断するとベットやら歩行器から落ちる始末で、
みんなよくこんな危険な道を通って大きくなってるなあ、と感心。
両親にも感謝です。あ、私は段差から落ちて肋骨にヒビはいったらしいから、注意されてなかったのかちら・・・。

抱っこするとしっかり抱きつくようになって、かわいいウフフなんて思ってたら
肩をガブリとやられました。猫にも噛まれた事ないのに・・・凹凹凹

<お知らせ>
ここ数ヶ月スパムメールがひどくて、コメント欄に「マーブル」という合言葉を入れないと
コメントができないようにしていました。当分この状態を続けます。
ご迷惑をおかけしますが、ご協力のほどお願いいたします。









 
PR
2週間の日本滞在があっという間に最終日です。
楽しい日々って続かないわ~~~トホホ。

乳児連れなので、あまり友達に会ったりは出来なかったけれど
家族旅行をして、最近田舎の施設に入った祖母に会いに行ったり
知人のいる新潟に行ったりと、本当に楽しい毎日でした。

084.JPGおいしいものもたくさん食べました。新潟のブリが良かったな~。

DSC02010.JPG
リアムも日本満喫。
・・・っていうか私か。

今回はやはり買い物も子供のものばっかり買ってしまいました。
ユニクロで興奮し、アカチャンホンポで興奮し、しまむらで興奮し、
そして最後に新潟の西松屋で興奮し・・・

西松屋が一番安くてよろしいって今回学びました。
実家のある都心はこういう安くて大きな規模のお店があまりなくて逆に不便かも。

そういえば、箱根で猫ちゃんの大群に遭遇。
DSC02128.JPG10匹くらいがわらわらと集まってきました。役職が決まっているらしい・・・笑

明日パリに戻ります。
すごい荷物です。

おまけ
DSC02143.JPG







係長危険です!
 
無事日本に着きました。

乳児連れの旅は心配もあったけれど、旦那Jもいたので
リアムも大泣きすることなく、無事到着しました。

10キロ超えると貸してあげないよ~、と言われびくびくしていた
バシネット(機内用ベビーベット)。

12069c44.jpeg
9キロ児隙間なし。
ぴったりすぎて、やはり窮屈だったのか、あまり爆睡することはなく
最終的には母と父それぞれの上で大の字になって寝てました。

日本に着く頃には、なんだか多目的ルームみたいになってたし。
b2f9e478.jpegすっかりくつろいでいる人。

唯一のハプニングと言えば、たくさん買ったチーズの入ったスーツケースが届かず
1日遅れで到着したこと。
全部で3つのスーツケースは両親の車に乗りきらないので、宅配サービスを
利用しようと思っていたところ、その料金は浮きました。
いいんだか悪いんだか。

日本では4歳の男の子を持つ幼馴染がベビーカーやら子供服やらを貸してくれて
助かってます。でも日本は家が寒いってことをすっかり忘れて、わけのわからない
薄い洋服ばかり持って来たこの母のほうが借りたい。

風邪引かないように注意しつつ、日本満喫中です。
マブ姉さんは友人Aさん宅で、Aさんの旦那さんとイチャイチャしてるそうです。
で、旦那さんは飼い猫のちょびさんにシャーっと威嚇されたそう。
これも三角関係かしら。

お知らせ

クリックで応援よろしくお願いします☆ にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

☆ご注意☆
ブログを更新するのがフランス時間の夕方・夜だと、時差の関係で内容と曜日がずれてしまいます。

プロフィール

☆マーブル 2004年4月12日生まれ。
おっとりマイペースだけど、自己主張が強い長女。

☆リトルM 2008年「猫の日」に拾われた次女。
諸事情により2012年里子に出しました。新しいおうちで幸せに暮らしています。

☆れば
フランスに住んで14年。パリ15区→パリ南郊外在住。インドア派の猫を飼ったばっかりに、飛行機に乗せる勇気もなく完全に帰国のタイミングを逃す。2010年夏に旦那Jと結婚。喧嘩をすると「猫を捨てろ」と言われるので「捨てるのはおまえじゃー!」と切り返す。

☆旦那J
20歳でフランスに来たレバノン人。2重国籍。敬虔なシーア派ムスリム(イスラム教徒)。外見はムーミン実写版があればオファーが来そうな感じ。

最新記事

最新コメント

[01/29 ばーちゃわーるど]
[01/29 れば]
[01/28 ばーちゃわーるど]
[12/28 れば]
[12/27 こたはむ]

フリーエリア

カウンター

オススメ映画10選

マブリト ポスト

ブログ内検索

バーコード

アクセス解析

| HOME Next >>
Copyright ©  -- マーブル in パリィ(のちょっと郊外) --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]